日本最大のソープ街

sexy girl posing on a chair beautiful

東京の浅草といえば、さまざまなお店が並んだ仲見世とか、日本で最も知名度が高いと言っても過言ではない浅草寺などが知られていますが、その近くには古来、多くの男性が楽しんできた「色まち」があります。吉原です。
吉原はかつて、関ヶ原の戦いが終わって江戸が日本最大の都市になったとき、日本最大の遊郭として開発されたエリアでした。賑やかな音曲が鳴り響き、豪勢に着飾った花魁が行列を従えて街を歩き、この街では武士たちは刀を預けて穏やかに、そしてエロく楽しんだと言われています。
そんな「夢のまち」であった吉原は、江戸時代が終焉を迎えたあとも変わらず栄え続けました。
戦後は赤線地帯となり、今はソープ街となり、とにもかくにも色を張って生きる女性と、夢を見るために通う男性のための街として、今に至っているのです。
そんな歴史もあって、吉原のソープはどこも、日本最高のサービスが受けられるお店となっています。何しろ日本中から可愛い女の子が集まる東京ですから、ソープ街の顔面偏差値も非常に高いものとなっています。
ルックス、スタイルともに抜群。心優しく、テクニックが豊富。そんな完璧なソープ嬢たちに会いたいなら、吉原に足を運ぶべきであると言えるのです。
もし吉原に行ったこともなく「ソープ?ああ、よく行くよ。ま、だいたいどういうところかは分かったな」などと言っているような人物がいたなら、叱責させていただきましょう。
吉原を知らずにソープを知ったとは言えないのです。